以前、人も動物も命は一緒というワンヘルスの考え方のもと、動物の薬剤耐性菌の調査に協力させて
いただきましたが、本日農林水産省から感謝状が送られてきました。結果としては、フルオロキノロンや第3世代セファロスポリンにおいて10%ほどの耐性菌が確認された様です。
 人においても動物においても薬剤耐性対策は重要な課題となります、今後も薬剤耐性対策にしっかりと取り組んでいきたいと思っています。 

FullSizeRender
FullSizeRender